健康効果のあるミドリムシの学名は、ユーグレナ

みなさん最近、スーパーやコンビニなどで、ユーグレナ配合という文字を見かけることが増えていませんか?

チアシードとか、最近はやりのスーパーフードなどの仲間なんだろう。とぼんやり思っている人もいると思いますがそれはちょっと違うんです!

ユーグレナとはミドリムシの学名なんです。
ミドリムシ?そう、学生時代に科学や理科の実験で観察したあの微生物のミドリムシのことなんです。

なんでまたミドリムシなんかをスープや食品に?なんてお思いの方、たくさんいらっしゃるでしょう。実はミドリムシは、かなり健康効果の高いものなんです!虫といっても、ミドリムシは微生物。庭先でひょいっと取れるものとかではありません。

ところがこのミドリムシに含まれるパラミロン、緑葉素などの栄養素がいますごく健康にいいと話題になっているんです。デトックスや便秘改善など、ストレス社会で日々揉まれているあなたにこそためして欲しい効果がもりだくさん!

さらに、バイオ燃料としての今後の活躍が日本経済新聞に記事としてのるほど、今後に期待があつまる物質なんです。ミドリムシのサプリや、インスタント食品に配合されているものからその効果を試して見てはいかがでしょうか?

 

病気なる確率を高める危険因子のメタボ

健康は危険因子一つで多くの病気になることがあるので、全部の危険因子を消していかなくてはいけません。その中で身近なのがメタボであり、ウエストだけの問題ではなく、高血糖などを伴うことで認定されてしまいます。

しかも肥満である人は男性に割合が高く、中高年に掛けて多くなってしまっているのが特徴です。このメタボが危険因子であるのには他の心疾患などの確率が健康体の人に比べて非常に高く出ているために、早急にメタボ状態の改善を大切なものになっています。

しかしメタボの要因となっている脂肪は、内臓脂肪なために減らしやすいものとなっています。そのために食事を脂質の低いものにしたり、炭水化物などを抑えたりすることで減らすことが出来ます。さらに運動も有酸素運動を行うことで減らすことが出来るために、筋肉をたくさん付けてということもなく出来るのです。

メタボ問題は中年に掛けて多くなりますが、増えたら減らすことを続けることで危険因子になるメタボを改善することが出来ます。